けんいちブログ

川口環境委員長の委員会すっぽかし問題

2013年05月09日

2013年05月09日ツイッター投稿

川口委員長の解任について。訪中や議員外交をすること自体が悪いわけではない。しかし委員長である以上、最大の公務は委員会だろう。それをすっぽかすくらいならば委員長を辞めればよい。開会中毎日6千円貰える委員長手当も辞退すべきだ。委員長を辞めて一議員として訪中すればよかっただけ。

 

2013年05月09日ツイッター投稿

川口順子委員長が解任された。本人は「国益」を連呼しているが、明らかになっているのは中国側の都合に合わせて川口氏が日本の国会のルールを無視したというだけのことである。これのどこが国益なんだろうか。彼女の訪中の結果、具体的にどのような国益が守られたのかの説明はまったくない。

 

2013年04月26日ツイッター投稿

環境委員長は本会議で選任されるので、解任するには本会議の採決が必要となる。次の本会議は5月8日の見込み。川口委員長が恥を知っていれば、その前に辞任するはずだが・・。ただ辞めようが辞めまいが国会すっぽかしの説明責任を果たすことと謝罪は必須のことだ。

 

2013年04月26日ツイッター投稿

川口環境委員長の責任は大きく分けて2つ。①2日間の渡航で許可を貰っていながら勝手に中国滞在を延長した。②委員長として自ら決めた委員会開催をすっぽかした。海外渡航が全部悪いとは言わないが、委員長の最大の職務は委員会審議。それをわきまえない以上、辞任か解任はやむをえないだろう。

 

2013年04月26日ツイッター投稿

国会審議よりも中国要人との面談を優先して、委員会をすっぽかした川口環境委員長。同じ自民党の岩城議運委員長からも厳重注意される。当然だろう。ただ厳重注意ですむ問題ではない。一昨年、昨年と続けてGWの連休明けに民主党の委員長が辞任に追い込まれたが3年連続そうした事態になるのか。

 

2013年04月24日ツイッター投稿

国会議員の会期中の外遊は特別の許可が必要だ。まして川口順子氏は委員長という要職にある。委員長は外遊を自粛するという申合せもある。その中で事前の許可と違う日程で中国へと外遊して、しかもそれを国会審議よりも優先するとは信じがたい。そんなに行きたいなら委員長を辞職してから行くべきだ。

 

2013年04月24日ツイッター投稿

参議院の環境委員会。地球温暖化対策推進法の改正案を明日から審議入りすることで各党が合意していた。ところが「明日は川口順子委員長が外遊中」という理由で中止へ。委員長が国会をすっぽかすとは・・。今夏引退するからといって在職中に国会議員の職務を放棄することは絶対 に許されない。

ページ上部へ