• TOP  >  
  • 月別アーカイブ: 2007年5月

けんいちブログ

地球温暖化防止のために

2007年05月01日

「地球温暖化防止のために」

地球温暖化という危機が深刻化しています。このまま放置しておけば今世紀末には最大6.4℃の上昇が見込まれています。1℃上昇すると水不足で苦しむ人が5000万人が増え、マラリアによる死者が30万人増加するという試算もあります。また経済面でも温暖化の進行は世界のGDPを5~20%も押し下げると危惧されています(注)。 温暖化の主原因は大気中の二酸化炭素濃度の上昇です。二酸化炭素は石油・石炭など化石燃料を燃やした時に排出されます。人類が化石燃料をほとんど利用しなかった産業革命以前(つまり1750年以前)の二酸化炭素はだいたい280ppmでしたが、年々上昇して現在は380ppmとなっています。

これを食い止めるためには二酸化炭素の排出を削減することが必要です。そこで安倍首相は2050年までに排出量を半減することを提唱しました。これまで政府がこうした長期目標を掲げてこなかったことに比べて大きな前進といえます。また国際社会への働きかけも重要です。ただ各国に訴えかけるといっても日本自身がしっかりと削減を成し遂げていなければ説得力に欠けてしまいます。とりわけ京都議定書で日本が国際約束した90年比6%削減の達成は喫緊の課題ですが、残念ながら現実の国内排出量は削減どころか7.8%も増えてしまっています。まずはこれを何とかしなければなりません。もちろん国民一人一人の省エネ努力も大切です。同時に二酸化炭素の排出割合を企業:家庭でみると79:21で企業が多いことを考えると、大口発生源である産業界により積極的な取り組みを求めていくことが必要と考えます。

注)数字についてはIPCC第4次評価報告書や英政府が委託研究した結果の「スターン・レビュー」などを引用

その他、グラフとして

大気の成分

窒素    78.09%

酸素    21.95%

アルゴン   0.93%

二酸化炭素  0.04%

0.04%とは400ppmのこと

 

 

 

拉致問題を風化させるな

2007年05月01日

「拉致問題を風化させるな」

「拉致問題の解決なくして北朝鮮との国交正常化なし」というのが安倍内閣の方針です。国交正常化というのは北朝鮮への多額の経済協力を意味します。1965年に韓国と国交樹立をした時には有償2億ドル、無償3億ドル、合計5億ドルの経済支援をしています。貨幣価値の変化などを勘案すれば、北朝鮮側が日本円で1兆円を超える援助を期待していることは間違いないところです。拉致問題が解決しないまま莫大な経済協力だけを進めるわけにはいきません。ましてその支援が日本に向けた核開発やミサイル開発につながりかねないのですからなおさらです。

政府は拉致問題の解決として①すべての生存者の帰国、②真相の究明、③容疑者の引渡し、の3点を掲げています。まず①の生存者の帰国は当然のことです。ごく普通の生活をしていた人たちが突然さらわれて海のかなたに連れて行かれたのですから「返せ」というのは当然すぎるほど当然の要求です。②の真相究明も現状ではまったく進んでいません。北朝鮮が出してきた「遺骨」と称するものをDNA鑑定したら偽物だと判明したことなどは何をかいわんやです。そして拉致に携わった工作員・辛(シン)光(ガン)洙(ス)が北朝鮮国内で英雄として扱われている現状も容認することはできません。③の引渡しも強く求める必要があります。

拉致問題は日本にとっての重大な主権の侵害であると同時に極めて深刻な人権の侵害です。この問題を風化させずに一歩でも解決に近づけるよう今後も全力を尽くしていきたいと思っています。

ページ上部へ