• TOP  >  
  • 月別アーカイブ: 2007年9月

けんいちブログ

総裁選では麻生太郎氏に投票

2007年09月23日

「総裁選では麻生太郎氏に投票」

自民党総裁選挙が行なわれ福田康夫氏が330票を獲得し、197票の麻生太郎氏を破って第22代総裁に就任することになった。ただ票数を見ると麻生氏の善戦という印象が強い。8派閥が雪崩を打って福田支持を打ち出した中で、麻生氏がこれだけの票を獲得したことは旧来の派閥政治への一撃となった点で喜ばしい。

さて私自身は今回の総裁選では麻生太郎氏に一票を投じた。私は無派閥議員なので派閥の締めつけなどとは無関係であり、自分の意思で決定した。麻生氏に投票した大きな理由は福田氏の政策のいくつかに違和感を覚えたためである。もちろん同じ自民党所属の議員なので共通する政策があるのも当然だが、それでも例えば対北朝鮮外交などの福田氏の姿勢には疑問を感じることが少なからずあった。端的に言えば北朝鮮に圧力をかけることに躊躇するような態度は疑問である。

また総裁選開始直後に党本部で行なわれた立会演説会での福田氏の演説もいただけなかった。高邁な理念・哲学を語るわけでもなく、かといって具体的な施策を述べるわけでもなかった。打ち出した具体的政策が「二百年住宅」だけだったというのは一国の総理を目指す人としては余りにも寂しいものだった。

こう書くと消去法で麻生氏に決めたように聞こえるかもしれないが、それだけではない。麻生氏の識見能力が総理総裁としてふさわしいと思った上で一票を投じたのも当然のことである。 とはいえ新総裁は決定した。大切なのは、今後自民党が国民の信頼を取り戻すことである。そして野党の主張のうち傾聴すべきことには謙虚に耳は傾けつつも無責任な政策は徹底して論破していくことである。私自身もそのために全力を尽くしていくことをお誓いしたい。

温暖化防止の具体策を提言

2007年09月01日

「温暖化防止の具体策を提言」

〜早急なフロン規制が必要〜

地球温暖化をどう防ぐかが大きな課題になっています。今年の夏は国内で史上最高の40.9℃を記録するなど温暖化の進行はいよいよ明らかになってきました。このままでは海面上昇はもちろんのこと、台風被害、マラリアなど感染症の増加、食糧危機の到来などが懸念されています。ではこれを食い止めるために何が必要でしょうか。省エネ機器の普及や自然エネルギーの活用など様々な施策が求められていますが、これらに加えた具体策として私はフロンの規制を提言しています。

フロンガスは20年ほど前、オゾン層を破壊するとして問題になりました。そこでオゾン層を破壊するタイプのものはすでに生産が規制されています。しかしオゾン層は壊さないが温暖化を引き起こす新タイプのフロン(HFCと呼ばれる)の生産には何の規制もなく年々増産されているのです。地球温暖化を引き起こすガスとしては二酸化炭素やメタンが有名ですが、HFCの温室効果は二酸化炭素の120〜15000倍と極めて強力なものです。しかもフロンが他のガスと決定的に違うのは自然界に存在しない人工物質だという点です。つまりこれだけ地球温暖化の危機が叫ばれ、多くの人が省エネ努力などをしている時に、フロンメーカーはわざわざ強力な温室効果ガスを人為的に製造販売して利益を上げているわけです。こうしたことは倫理的にも看過できません。

地球温暖化問題は病気と同じで早め早めの対策が必要です。遅くなってから対策をとっても手遅れになる危険性があります。そのためにもフロンについては生産を禁止するか重税を課して価格競争力を失わせるなどの手法を早急にとる必要があると思います。

ページ上部へ