• TOP  >  
  • 月別アーカイブ: 2014年10月

けんいちブログ

10/28定例会見

2014年10月28日

昨日、党の女性議員の数を増加させる為のプロジェクトチームというのがございまして、私が座長を務めさせて頂いておった訳ですけれども、昨日までの間に6回に渡る会議を行いまして昨日の会議の中で所謂クオータ制、女性議員等の登用に繋がればという、クオータ制の議論について党の見解を、党の見解というかプロジェクトチームの見解を昨日の段階でまとめ、それを先程の役員会で報告をさせて頂き、その役員会の了承を得たという形になります。

昨日もそのプロジェクトチームの終了後に申し上げさせて頂きましたけれども繰り返しになるかもしれませんが、そこで決めた事というのは、いずれかの性の候補者の、ちょっとここは女性という言い方を敢えて優先している訳ではないのですが、いずれかの性の候補者が3分の1を下回る事はないように努めるという事を、基本的な原則として国政選挙に関してそういう事を打ち出した訳であります。いずれかの性という言い方を敢えてしているのは、今現在どこまで現実味があるかどうかは別として例えば女性8割男性2割とかですね、そういうようなのも本来均衡という点からするとそういう形もこれまた良くない訳でしょうから、そういう意味では男性女性という事に拘らず両方の性の人達がバランス良く国政にも進出するという事が望ましいという事でありますので、諸外国でも必ずしも女性の何%という事ではなくて先程申し上げたようないずれかの性の人間が何%を下回らないようにするというような形をとっている例も結構あるというような事を色々な勉強をさせて頂きましたので、私達もこの表現の仕方を昨日のプロジェクトチームで行わせて頂きまして、3分の1は下回らないようにという事でございます。

これについては国政を、とりあえずまずは国政を念頭に置いている訳ですから地方選については、一つ一つの地方選挙については、例えば先日の川西に1名しか公認しないような場合に男性の場合、川西の場合は0%になってしまった訳でありますので、そういうような事はあまり意味のない話ですから、地方選挙については統一地方選挙に対して目標を立てればいいではないかという議論は確かにあり得るのですけれども統一地方選挙の統一率というのも今やさほど高くない、50%を多分割っていると思いますけれども、そういうような中ではですね完全な目標というよりは、いわば国政に準ずるというかですね、国政における数値を一つの目安として掛け替えるという形で取りまとめた所であります。なおこれについては明確な宣言文みたいな形で文章になっている訳ではありませんので、今口頭で私が申し上げたような事をだいたい昨日取りまとめ役員会でも報告、了承をされたという事であります。

国会においては大臣の資質が問われるような自体が相次いでいる訳でありますけれども、私達みんなの党としては当然政策論争をしていく事は勿論な事、しかしだからといって資質の問われる大臣に対してこれに対しての追及を怠るという訳にもいかない訳であって、政策論争とそして大臣の資質問題等を車の両輪としてですね両立させて大いに追及をしていきたい、論戦を張っていきたいという風に思っている所であります。とりわけ新たな事案として望月環境大臣の政治資金問題も浮上をして来ている訳ですけれども、わざわざ深夜にですね記者会見をする程の、それだけ緊急性が高くそれだけ重要性が高いという風に大臣がお考えであるのであれば当然国会の中でもそれに見合うだけの説明責任を果たしてもらうべきだし、大いに国会においても自らの言葉で説明責任を果たしてもらいたいと思っております。

現時点では望月大臣に関しては、まだどこで説明をするかという事は決まってないという風に理解をしておりますが、そういう中でわざわざ深夜に記者会見をするくらいの重要性、緊急性があるのであれば国会では当然説明責任を果たすべきだろうという風に思っております。私の方からは以上でございます。

(2014/10/28みんなの党定例会見より)

※記者会見Q&Aをご覧になられたい方はみんなの党HPよりご覧ください。↓

http://www.your-party.jp/activity/press/

10/21定例会見

2014年10月21日

昨日は2人の女性閣僚が同じ日のうちに同時に辞職するという極めて異例の事態に立ち至った訳ですけれども、小渕大臣と松島大臣の2人は大臣自身が法を犯したのではないかという疑念を強く持たれている訳であって、その点では閣僚の職を辞したのは当然の事であり、辞任をしたからといって説明責任を免れるものでは無いと考えております。就任から1ヶ月半で辞任をせざるを得ない閣僚を2人も任命したという事については安倍総理自身もご自身で任命責任という事を発言してらっしゃいますけれども、当然任命責任が問われる訳であって今後も国会論戦の中で政策論議を行なって行くと同時に引き続き資質の問われる閣僚については資質の面に於いても厳しく問い正すという事も当然の事だと思っております。

先日、一昨日の日曜日の兵庫県川西市では市議会議員選挙で我が党の公認候補である坂口みか候補が当選をされたという事は喜ばしい事だと思っておりますし、同時に我が党の推薦候補も1名当選したという事についても良かったと考えております。

そうした中で来年の統一地方選挙に向けても候補者の擁立を始めとして擁立した候補がしっかりと勝ち抜いて行けるように支援を行っていければと考えると同時に、次は我が党の地方選挙に於いての公認候補が闘う選挙としては11月の千葉県松戸市の市議会議員選挙に4名の候補を擁立する予定でございますので、そこでも引き続き頑張って行きたいと思っております。私の方からは以上であります。

(2014/10/21みんなの党定例会見より)

※記者会見Q&Aをご覧になられたい方はみんなの党HPよりご覧ください。↓

http://www.your-party.jp/activity/press/

 

10/14定例会見

2014年10月14日

地方選挙に於いて、兵庫県の川西市議選にて我が党として、坂口美佳さんを公認候補として先日告示され、浅尾代表を始めとして党所属の議員も応援に入っておりますので、是非とも必勝を期していきたいと思っております。

本日の役員会では先日私宛に離党届を提出してきた、大熊衆議院議員の離党を承認致しまして、会派は国対委員長にお任せしておりますが、恐らく本日中に会派離脱届を提出を山内委員長に出されると思います。

衆参各委員会での論戦も本格派してきますが、先日の予算委員会などから明らかになってきてるのは、今の閣僚の中で大臣としての資質が疑われる人、適正が疑われる方、松島大臣がその筆頭かもしれませんが、こうした勿論個々の政策論争で力を私達として入れてくと同時に、大臣としての適性なども問いただしながらしっかりと追及するときは追及していくという形で臨んでいきたいと思っております。私からは以上です。

(2014/10/14みんなの党定例会見より)

※記者会見Q&Aをご覧になられたい方はみんなの党HPよりご覧ください。↓

http://www.your-party.jp/activity/press/

10/7定例会見

2014年10月07日

先週末は、党の研修会を箱根で行いまして、多くの国会議員並びに地方議員候補者等々の方々にも参加頂きまして、党の結束を確認出来たのではないかと嬉しく思っております。

党大会につきまして、今日の役員会に於いて来年の党大会になりますが、平成27年、2015年の党大会は1月18日の日曜日を現在行う予定だという事を役員会の中で報告、了承されました。場所はホテルニューオータニを想定しております。

国会論戦に於いては、昨日も予算委員会では、浅尾代表が立ちまして、明日は参議院の予算委員会で、私と渡辺美知太郎さんの二人で立つ予定です。しっかりとした論戦を挑んでいきたいと思っております。私の方からは以上です。

(2014/10/7みんなの党定例会見より)

※記者会見Q&Aをご覧になられたい方はみんなの党HPよりご覧ください。↓

http://www.your-party.jp/activity/press/

10/8(火)11時台 予算委員会質疑

2014年10月07日

明日は予算委員会に立つ予定。時間は午前11時台に始まり、場合によっては午後にまたがる見込み。NHK中継も入る。テーマは外交(北朝鮮問題など)と原発を中心にして、総理や閣僚と議論したいと思っている。とりわけ原発政策のいい加減な姿勢に対しては厳しく追及したい。

ページ上部へ