けんいちブログ

7/30定例会見

2014年07月30日

本日は党の役員会を2週間ぶりに開きました。先週は、浅尾代表、中西政調会長、私と3人で海外に、ワシントンDCの方に行っておりましたので、先週は役員会を開きませんでしたので、本日2週間ぶりに役員会を開催したところであります。

その時に、各所報告事項等々での議論になったこととしては、先ず衆議院側に関しては、伊吹議長の下に選挙制度の第三者機関を設けるという方向になっておりますし、これ自体は、私達、みんなの党も含めて、第三者機関の設置というようなことを言っていたわけですので、良い結論を、しっかりとした議論の中で、私達が求めていることの大きい柱の一つは定数の削減であり、そして一人一票という国民は皆一人一票という、この大きい原則ということを強く求めてきたところでありますから、そうした、とはいえ我々の主張だけで進むわけではないという中での、色んな調整も必要ではあるのでしょうけれども、第三者の中でこうした結論を、こうした方向に沿った形での、結論をまとめて頂ければという期待は持っているところであります。

ただ、一点懸念としては、何か報道によっては、佐々木毅氏が座長のような事実上、内定しているかのような報道もありますけれども、本来、互選で行われるということにルール上はなっているというふうに思う訳ですけれども、その中で佐々木氏は、もちろん学者としては優れた方ではあるわけでしょうけれども、選挙制度との関係の中ではですね、1990年代頃のいわゆる政治改革の旗振り役というのを、21世紀臨調とかですね。そういうような形で行ってきて、いわば小選挙区制度導入の、旗振り役の一人だったという面もある訳ですから、そういうようなことも含めて、小選挙区制度の是非とか、もっと比例代表を軸とした形としていくべきではないかというような議論も、今必要だというふうに思っていますので、そうした方が、座長というような形で事実上内定しているというようなことというのは、ちょっと違和感を覚えるようなところはあります。もちろん小選挙区制度はいいという議論は、当然、議論としてはあるでしょうから、委員の中にですね、そういう主張をされる方というのは、当然、多面な意見を反映していくということで、否定するものではありませんけれども、ちょっと、あたかも座長に決まっているかのようなことは、ルール的にはないと思いますが、そういう報道もありますので、そういう方向だとすると、どうなのかなという気は致しております。いずれにせよ、しっかりとした方向性を、第三者機関で打ち出してもらえればということを期待したいということを申し上げたいと思います。

それと、参議院の議員宿舎は現在、麹町宿舎と清水谷宿舎があるわけですけれども、その清水谷が耐震基準を満たさない等々の理由の中で、建て替えをしていくというような動きもあるわけでございます。各党、参議院の議運の理事会派の中でプロジェクトチームを作って宿舎問題のあり方について検討が行われているところで、第4回目の会議というのが、今日だったと思いますが、行われたというふうに聞いております。私達の立場というのは、こうした議員宿舎については、本来、売却をすべきだというような主張から、議員宿舎に限らず、その他の公務員宿舎などについても、こういう資産についての売却ということをを言ってるわけですけど、こういう立場をプロジェクトチームの中では主張してますけど、どうもこうした議論は自民党を始めとする多くの政党の中で、衆議院も新赤坂宿舎が数年前に出来たからということで、参議員もという方向でどうも話が進んでいきそうな感じが見られてるのは残念なことであって、議論の場の中で売却などを訴えていくという形で、薬師寺さんが参加しているところでもございます。私の方からは以上です。

(2014/7/30みんなの党定例会見より)

※記者会見Q&Aをご覧になられたい方はみんなの党HPよりご覧ください。↓

http://www.your-party.jp/activity/press/

 

 

ページ上部へ